Webの早さを久しぶりに体験した

2~3年前にlivedoor Readerで偶然見つけて以来、飯テロ代わりに購読しているおっさんひとり飯だけど、そのサイトのマスコットキャラのチェブ夫の目が若干剥げてきていて、何というか、時間の経過というものに物悲しい気持ちになっていた。

誰に対するものでもなく、ただ何となく呟いただけなのだけど

なんとそのブログの人から反応が!

で、目に光が戻り(?)元気になりました。いきいきしててやっぱりこっちの方が可愛いなぁ。

この間わずか5分ぐらい。Webの早さを久しぶりに体験した。いや、普段も体験はしてるだろうから、なんて言うんだろう、きちんとWebは早いということを認識したって言ったほうがいいかな。こういうのなんだよね。好きなの。

SSLを使っているサイトへのリンクのプロトコルをhttp:から書くかhttps:から書くか

リンク先がSSLを使っていることが分かっているとき、リンクのhref属性をhttp:から書くのと、https:と 「s」 を付けて書くの、どっちが正しいの?という話。

僕はhttp:から書くのが正しいと思っている。http:でアクセスしてもリンク先がSSLを使っていればhttps:になるし、例えばTwitterがSSLを使わなくなったら、https:でアクセスした場合、アクセスできなかったり、警告文が出たりといったリスクもあるし。

SSLを使っている場合
http://twitter.com/hoge
アクセスできる
https://twitter.com/hoge
アクセスできる
SSLを使っていない(使わなくなった)場合
http://twitter.com/hoge
アクセスできる
http://twitter.com/hoge
アクセス出来ないもしくは何かしらの不都合が起き得る

まぁそんなことはしないと思うけれども、そういった可能性もあるし、ならばhttp:でアクセスして、SSLとしてリクエストを返すかどうかは、そのリンク先に委ねた方が良いのではないかな、と思っている。CSSでの記述に関しても、相対パスや絶対パスで書けばSSLを使っているか使っていないかでプロトコルは決まるし(https://~のサイトから読み込むCSSは、画像パスが /hoge.png と指定してあれば https://~/hoge.png となる)。(プロトコルをhttp:で限定しているのは、リンク先がWWW(ハイパーテキスト? ハイパーメディア?)だと分かり切っているから。でもそれだと先ほどの「SSLを使っていると分かり切っているから」という理由と同じになるので、本当は//www.example.com/のようにスラッシュから書くのが正しいのだと思うけど、今回はhttp:に限定する。あとはhttps:のサイトからCSS内の画像パスなどをhttp:で記述すると警告文が出たりするみたいだけど(SSLページでブラウザにセキュリティ警告メッセージを出させないコツ « DRYOUT プログラマー社員のブログ)、それも今回は割愛。あくまで外部サイトにアクセスするときの話に限定する。)

…以上が何も調べないで漠然とそうだと思っていた(思い込んでいた)内容。

実際に調べてみた。というかみんなの小粋空間で大体答えが出てた。 => HTMLやCSSでのプロトコル表記(http:、https:)の省略について: 小粋空間

ただ、結局表題の「SSLを使っているサイトへのリンクのプロトコルをhttp:から書くかhttps:から書くか」どっちが正しいのか分からなかった。どっちも正しいのかな…。

とりあえずhttp://t.co/https://t.co/ともにTwitterへのリンクはhttp:からだった。

Google Reader終了

私はRSSリーダーはlivedoor Readerを愛用しているので、特に影響なし。

結構TLでは「マジかー」という声が多かったのだけど、一方でRSSリーダーってあまり利用されていないんだなーというのが少し驚きと言うかなんと言うか。私は毎日チェックしているので。RSSリーダー使ってない人ってどうやってブログとかニュースとか追ってるんだろう?

Google Readerの代わりになるRSSリーダーの候補が上記のサイトでまとめられているけれども、こういったニュースやまとめに便乗して、このサイトを閲覧していてRSSリーダーを使ってる人に私も1つお願いが…。

フィードを「 http://simpleism.net/feed/ 」変更してください!

CMSをWPに変えた時に告知するのを忘れておりました。一応古いフィードでも最新の記事を読めるように301転送はしてあるのですが、TopHatenarで購読者0とか超寂しいのでよろしくお願いします><

追記 (2014/10/02)

livedoor Readerも終了しました…(´;ω;`)

今はFeedlyに移行して使い方に慣れております。

|